運動不足の40代におすすめの楽しく簡単バランスボールエクササイズ

運動不足解消にはバランスボールがおすすめ

多くの人が30代後半から40代ごろにかけて、運動不足による影響を感じるようになります。しかし運動不足を感じていても、運動習慣をつけることは以外と大変なことです。

あなたも運動習慣をつけようとして何回も三日坊主に終わったなんて経験されていませんか?運動は習慣になるまでが大変です。そんな時おすすめなのがバランスボールです。

バランスボールのメリット

  • ながら運動でできる
  • キツさを感じずできる
  • 楽しく続けられる
  • 効果が高い

バランスボールは「テレビやスマホを観ながら、本を読みながら」など、何かをしながら手軽にできます。そしてあまりキツさを感じずに、それでいてしっかり効果を得ることができます。

ボランスボールの効果

  • インナーマッスルが鍛えられる
  • バランス能力の向上
  • 連動性や協調性の向上
  • 神経−筋
インナーマッスルが鍛えられる

バランスボールの特徴はインナーマッスル、いわゆる体を支える筋肉を効果的に鍛えることができることです。

体の土台の役割を果たしている筋肉を鍛えることで、「疲れにくく、歪みのない美しい姿勢」 が身についていきます。

バランス能力の向上

バランスボールに座ることはアンバランスな状況を作っていることになります。自然とそれに対応する筋力や体力が身につき、バランスを維持する能力が向上していきます。

バランス能力が向上すると、日常生活で転倒やふらつきがなくなったり、無駄な力みが少なくなります。

連動性や協調性の向上

バランスボールは一つの筋肉を集中的に鍛えるというより、同時に色々な筋肉を連動して使います。それは一つの筋肉での大きい力ではバランスボールでのアンバランスな状態に対応できないからです。

バランスボールは一つの筋肉の大きな力ではなく、10の筋肉がそれぞれ小さい力だけど連動協調し合うことで上手くいくのです。

それによって各筋肉の連動性協調性が高まり、動きやすい体が身についていくのです。

動画を見て実践

 

継続するコツ

継続するコツは「ながら運動」 で行うことです。バランスボールは何かをしながらでも手軽にできるので、普段習慣化しているところに組み込むことで継続しやすくなります。

  • テレビを観ながら
  • 歯を磨きながら
  • スマホを観ながら

など。

まとめ

運動不足を感じながらも、なかなか運動習慣がつかない人はバランスボールがおすすめです。何かをしながらでも構いません。1日3分実践してみましょう。