リバウンドを繰り返してきた40代主婦のダイエット成功例 

ダイエット3ヶ月後

開始時 3ヶ月後
体重 70.9kg 66.1kg(−4.8kg)
体脂肪率 39.8% 35.3%(−4.5%)
ウエスト 92cm 80cm (−12cm)

 

実践者様詳細

詳細
クライアント情報 U.N様 女性 48歳
パート(兼主婦)
166cm
70.9kg(BMI26)
体脂肪率39.8%
ウエスト92cm3年ほど前にダイエットジムで短期ダイエットに成功したが、短期間でリバウンドしてしまった。その後どんどん太り続け、この先どうなるか不安で再度専門的にダイエット指導を受ける決意をした。
カウンセリング時の内容 これまでなんどもリバウンドを繰り返しているので、時間はかかっても良いから、リバウンドせず健康的な生活習慣をつくりたい。
まず2〜3ヶ月で自分にあった太らない健康的な生活習慣を確立していく。リバウンドを繰り返さないためにも、痩せるための食事ではなく、要所要所で改善すべき点を絞って、ずっと無理なく続けられる食生活を作り上げられるようにする。
現在の悩み □体重を落としたい
□リバウンドしないダイエットをしたい
□ウエスト周囲のたるみ
□たまに腰の痛み
目標(ゴール)の設定 □短期目標(3ヶ月)
66kg(BMI24)  体脂肪率35%以下
□最終目標
60kg(BMI22) 体脂肪率21~23%
現在の太る原因、問題点 □食事量が多く、内容も太るメニューが多い
□パート先の昼食(まかない)が丼物で高糖質食
□外食が多い
□運動量が少ない
ダイエットの方針、流れ □週1回のパーソナルトレーニング。
□ウォーキングやジョギングの習慣を作る(週1回〜)
□食生活の見直し
まるっきり変えるのではなく、ポイントを絞ってマイナーチェンジをしていき、ずっと続けられる食習慣を身につけることが目標。
補足説明 30代の頃からダイエットを何度も繰り返してきたというクライアント様。いつもリバウンドしてしまい、数年前に大手ダイエットジムで短期ダイエットを受け、3ヶ月で16kg痩せたそうなのですが、半年ほどで戻ってしまったそう。

現在の体組成を見るとBMIに対して体脂肪率がかなり高い状態です。しかし筋力量の数値は平均なので、筋肉量が少ないせいで体脂肪率が高いのではなく、体脂肪量自体が過剰な状態と言えます。

 

ダイエットの詳細

食事
まず、ポイントとなるのが以下の3つ。この3つを完全にやめるというのではなく、上手に対処していくことがストレスフルなダイエットにならないための重要なことになる。
・パート時の昼食(まかない)
・週末の家族での外食
・ママ友とのランチ(2週間に1回程度)
朝食 今まではコーヒーだけで朝食を摂ることがあまりなかった。
無理に食べる必要はないが、タンパク質とビタミンCは摂取したいので、豆乳とキウイフルーツ1個を基本の朝食にする。
昼食 □パート時のまかない(ほぼ毎回丼物)
メニューを変えることはできないので、まず量はやや少なめにする。麺類の時はお酢をかける。ご飯物の時は最初にリンゴ酢ジュース(自家製)を飲む。
□ママ友とのランチ会
内容は特に制限しないので全体的に量はやや少なめにする(揚げ物だけは避けるようにする)。
夕食 □自宅の場合
家族と一緒なので、メニューを大幅変更は難しいが、基本は「揚げ物は避ける、海藻類を必ず入れる、主食(糖質)は少なめ(80gまで)」にする。
□外食時
外食時にあれこれ気にしすぎるのはストレスになり、逆効果なので1つだけ、揚げ物だけ避けるようにする。また食べ過ぎないようにゆっくり食事そのものを楽しむように心がける。
パーソナルトレーニング(週1回60分)
□ストレッチポールを使ったコンディショニング
□体幹トレーニングで抗重力筋を強化し、自体重を楽に支えられる身体を作る。
□背筋群と太ももを鍛え効率よく筋肉量アップを図る(基礎代謝量アップ)。
□骨盤後傾コントロール、腹筋群の強化、腸腰筋リリース、腰背部リリース(腰痛改善)※腰痛に関しては疾患はなく、筋力、柔軟性、腹部脂肪などの問題なので、運動療法と腹部脂肪を減らすことで改善を図る。
自主エクササイズ
・週1〜2回40〜60分のジョギング。
・5分間エクササイズ(プランク・スクワット・立位ツイスト・マルチランジ)

 

ダイエット4ヶ月目以降

4ヶ月目以降も今の食生活を続けていき、1ヶ月あたり0.5〜0.8kg前後の無理のない減量ペースを続けていく。

 

セッション、ダイエット期間中について

これまでのダイエット歴など

ダイエット→リバウンドの繰り返しを30代の頃から繰り返してきた。3年ほど前にダイエットジムにて短期ダイエット(3ヶ月で16kg)を成功させたが、半年ほどでリバウンドして戻ってしまった。

当スタジオを選んでいただいた理由

まず40代のダイエットの実績が多いことと、リバウンドをしないダイエットというのに惹かれて。初回体験を受けた時に、すごくわかりやすかったとのお声をいただきました。

セッション、ダイエット期間中の様子

全てを制限させられるわけではないので、気持ち的にはすごく楽とおっしゃっていました。

クライアント様は運動自体は好きなので、パーソナルトレーニングを重ねるにつれ、自主エクササイズの回数や時間も自然に増え、無理なく運動習慣を増やしていくことができました。

 

40代後半からのダイエットのアドバイス

40代後半からのダイエットについて

筋肉量の減少以外にも姿勢の悪化が重要な問題になります。年を取るにつれ、重力から姿勢を維持する筋力が弱くなっていきます。

俗に言うインナーマッスルや主要姿勢筋を鍛え、普段の消費エネルギーを高めることが重要です。

 

今回のクライアント様と同じ状況の方へ

今回のクライアントさんのデータ
・女性
・40代後半
・パート勤務(兼主婦)
・家族と一緒
・運動は嫌いではないが、現在は運動習慣はなし
・外食が多い

運動は嫌いじゃないけど、きっかけがなくなかなか習慣がつかない人は、色々やろうとせず、まずは「毎日スクワット10回だけ」などシンプルでわかりやすいノルマから始めることがオススメです。

また外食が多い方は1つか2つルールを決めるようにするのがストレスのない方法です(例えば揚げ物だけは避けるなど)。

 

他のダイエット事例

 

ダイエットのご相談ははこちらから

[contact-form-7 id=”5″ title=”コンタクトフォーム 1″]